咽頭がんの症状をしって早期の発見をする

ロゴ

咽頭がんの症状

病院

咽頭がんは初期症状が分かりにくい

咽頭がんは初期症状が現れた場合には、かなり進行しているケースが多いです。また、咽頭のどの箇所に発生したかによって症状は変わるので把握しておくことが良いでしょう。

咽頭がんの症状を知る

咽頭は食べ物が通る器官なので、がんができると食べ物が飲み込みにくくなります。また、がんによって炎症が起きている場合であれば喉が痛んだりしみたりするといった症状が現れます。これらの症状は咽頭がん全体に見られるので知っておくと良いです。

聴力や視力が落ちる

咽頭の上部にある上咽頭にがんができることがあります。この場合、聴覚や視力に関わる神経や器官が影響を受けるので難聴や耳鳴りが起こります。また、視力が落ちるなどの視覚障害を伴うこともあります。

下咽頭にがんができた場合

咽頭の下にある下咽頭にがんができた場合には特徴的な症状が出てきます。下咽頭がんは喉頭という気管と繋がっているので、がんが進行すると呼吸がしにくくなり声が枯れるという症状が起こります。さらに、下咽頭がんはリンパに転移することが多く首にしこりが感じられる症状も起こるのです。

広告募集中